Event is FINISHED

INTILAQ ハウスレクチャーシリーズ Vol.4

~高校生起業家が社会を変える、未来を創る!~
Description

INTILAQ ハウスレクチャーシリーズ Vol.4 ~高校生起業家が社会を変える、未来を創る!~


日時: 2015年2月1日(日) 13:00~14:45 (12:30開場)
場所: 東北大学カタールサイエンスキャンパスホール (地図 http://qsc.eng.tohoku.ac.jp/jp/map.html)
参加費: 無料(要予約)
参加申込 http://hls4.peatix.com

イベント最新情報 http://www.impactjapan.org/hls4
主催: INTILAQ 東北イノベーターズハブ
共催: 東北大学カタールサイエンスキャンパス
後援:仙台市

皆さんは、「中学生が起業した会社」をご存知でしょうか?

今回ゲストスピーカーとしてお呼びするのは、「子どもたちによる子どもたちのための未来を共創する企業」として2011年に3人の中学生(現在は高校生)によって設立された株式会社グローパスの経営者メンバーです。
あと一歩が踏み出せない大人の起業家候補者たちが多い中、中学生たちがなぜ「起業」の道へ決断できたのか? 一体どんなビジネスモデルで事業が行われているのか? 創業3年でほとんどのベンチャー企業が廃業と言われる中、彼女たちの会社が生き残っているのはどうしてなのか・・・? このグローパスに対しての興味はつきません。

起業家育成のINTILAQプロジェクトでは、小さい年代からアントレプレナーシップ(起業家精神)を育む重要性を強く意識しています。今回は、中学生時代に「起業」を成し遂げた高校生たちの話をお聞きすることで、東北の教育関係者や親御さん方など、子ども教育に関わるすべての方々のお役に立てればと期待しております。もちろん、チャレンジ精神旺盛な小・中・高校生・大学生自身の参加も大歓迎です!
さらに、将来起業を目指されている方、起業準備中の方、既に起業されている社会人の方にもお勧めです。高校生起業家から、大いに刺激を受けてください!

<パネリスト>
仁禮彩香(にれいあやか)さん(高校2年生、株式会社グローパス CEO)
株式会社グローパス最高経営責任者。1997年生まれ、17歳。4歳から12歳まで、湘南インターナショナルスクールでバイリンガル教育を受ける。中学2年で、同校の卒業生である齊藤瑠夏、齊藤未月と共に「子供による子供のための子供の未来創造企業」としてGLOPATHを創設し、CEOに就任。現在、横浜翠陵高校の国際コース2年生として、国際的に活躍できるスキルを磨き、学業をこなしながら企業経営に携わっている。

齊藤瑠夏(さいとうるか)さん(高校2年生、株式会社グローパス COO)
株式会社グローパス最高執行責任者。1997年生まれ、17歳。中学2年で、GLOPATHを創設し、COOに就任。

有田暁生(ありたあきお)氏(株式会社グローパス 創業者、アドバイザー)
経営改革、ブランド戦略、人事戦略、組織開発、人材育成、マーケティング戦略、広告・PR戦略、事業開発などのコンサルテーションで実績多数。株式会社オーディーエスの代表取締役、PMIコンサルティング株式会社の代表取締役、クオンタムリープの取締役などを歴任し、近年では経営経験に基づいたベンチャー企業の創業者支援も行っている。著書に、「実践ライフスタイルマーケティング(宣伝会議)」、「企業実現、システム革命、自創造力(ダイヤモンド社)」など。

Organized by INTILAQ (インティラック)
INTILAQ(インティラック)東北イノベーターズハブは、カタールフレンド基金による復興活動プロジェクトの一つとして、「起業家育成」の分野で認められた唯一のプロジェクトです。東北地方の沿岸被災3県(宮城、岩手、福島)にて、「Catalyze the venture ecosystem」、つまり新しいビジネスやサービスが生まれ育って行くエコシステムの創造を目標に、その「場」となる施設の建設と「コンテンツ」となるプログラム、ワークショップ、コースなどの企画・運営を行なっていきます。

Co-organized by 東北大学カタールサイエンスキャンパス
カタールフレンド基金が支援する12の復興支援プロジェクトの1つで、ものづくりに関連した体験型の科学教室が行われています。多くの企業の協力の下で、小中学校での学習が、実際に社会ではどのように役立つのか、ものづくりとどのように関わるのかを学び、体験できる内容となっています。これまでに、光通信手作り体験、LEDを使った工作体験などが行われてきました。その他、親子で参加できる仙台近郊の企業を訪問するファクトリーツアー、 小・中学の教員向けリカレント教育セミナーなどを実施しています。

Supported by カタールフレンド基金
2011年3月11日の東日本大震災と津波の直後、当時の首長シェイク・ハマド・ビン・ハリーファ・アール・サーニ殿下が、救援活動と被災者支援のため、日本に1億米ドルの義援金を贈ることを表明し、カタールフレンド基金が設立。「子供たちの教育」「健康」「水産業」「起業家支援」の4分野を支援するプロジェクトを対象に直接的な支援を実施しています。
HP http://www.qatarfriendshipfund.org/jp/
Facebook https://www.facebook.com/QatarFriendshipFund

Event Timeline
Updates
  • The event description was updated. Diff 2015-01-16 05:19:50
More updates
Sun Feb 1, 2015
1:00 PM - 2:45 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
無料チケット(Free Ticket)
Venue Address
〒980-8579 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6-6 Japan
Organizer
IMPACT Foundation Japan
579 Followers